MENU

BLマンガの実写ドラマと言えばチェリまほ!

BLドラマの中の代表作と言えばこれしかないでしょう!

チェリまほこと『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』!

深夜帯の放送ながら、その人気の高さで毎週深夜から朝にかけてSNSではトレンド入りがやまず、日本のみならずアジア圏を席捲した大ヒットBLドラマです。

筆者もこの作品が大好きで毎週毎週放送を心待ちにしていて、夜更かししながら見ていたのを思い出します。

あのOmoinotakeのオープニングが流れるだけでもうワクワクが止まらなかった放送当時…。

エンディングもエモを最大級詰め込んだようなDEEP SQUADの「Good Love Your Love」。

何度も何度も繰り返しMVも録画も視聴した思い入れのある作品です。

元々はマンガを実写ドラマ化した作品ですが、マンガ原作ドラマの中でも数少ない実写成功作品!

主演の赤楚衛二さんが冴えない非モテキャラの安達を演じ、相手役のイケメン敏腕エリート営業マンの黒沢は町田啓太さんがキャスティングされました。

もうこの配役だけで完全に勝利!!

2次元から飛び出してきたの!?と思うほどに2人が完全に安達と黒沢なんです。役者さんって本当にすごい。

心の声が聞こえるようになってしまった安達と元々安達に密かに想いを寄せていた黒沢の心理描写が胸キュンだったり切なかったりムズムズだったり…と感情のジェットコースター。

1話終わるごとに続きが楽しみな気持ちと、ドラマが終わってほしくないという気持ちとがせめぎ合う複雑な感情で各話見終えていました。

ドラマ放送後はチェリまほロスになってしまいましたが、まだ原作は現在でも続いておりその原作マンガを楽しみにロスを乗り越える始末。

ところがファンからの熱い想いに応え、映画化やファンミーティング、配信などのコンテンツが追加され狂喜乱舞!

もちろん映画もドラマ同様に大ヒットし、アジア各国でも上映されるなど話題になりました。

この作品をきっかけにBLドラマの制作が主流になり、今ではよく見るドラマのカテゴリーの1つになっていった気がします。

主演の赤楚さんも町田さんも、それぞれ主演ドラマに出演したり各賞を受賞したりとどんどんと活躍の場を広げていき、まさにチェリまほが出世作に!

これからも何度も見返したいBLというくくりにはカテゴライズできないヒューマンドラマの名作です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次